ホームへ 板金組合(非公式版) 掲示板 管理人について お問い合せ

全板連/日板協 青年部
全国建築板金競技大会
開催趣旨説明

去る全国部長会で貴重なご意見を多々頂戴しました。
執行部としても改めて見直しを行ったり、具現化に向けて努力しているところです。
しかるに、文面にて表現するならば、こういう形はどうだろうか、ということで、
方向性や取り組みについて掲載いたします。

NYACの理念と方向性について | ZICを通じた競技大会の取り組みについて


◇◇◇NYACの理念と方向性について◇◇◇

図面を描いた事が無い、今後も描く事は無いと思っている方は、現場や元請会社、あるいは直接御施主様との打合せで、施工の納まりをフリーハンドで描いた事は無いですか。きっとあるはずです。もし今までなかったとしても今後、口頭で説明するのでは不十分な時が絶対に来るはずです。そのような場合、基本ができている人、すなわち施工図の描ける人と、施工図を描いた事も無い人の差というのは、はっきりと出てくるものです。線を引く事ひとつにおいても違ってくるものです。

また、CADを使っている方、まだ使ってないがこれからの時代は手書きの図面ではなくCADで描けばいいとお考えの方、基本ができていないのに正確な図面が描けるでしょうか。これも同様に、基本のしっかりできている人と、自己流で基本の無い人との違いは歴然としています
"基本を身に付ける"ということにおいて、この競技大会は、まさに絶好の機会であると言えます。
IT化された今の時代に、なぜ建築士の国家試験が未だに手書きで行われているのかを考えてみてください。機械に頼るのではなく、一人の人間の実力で勝ち得るものが資格であり、そのように修得したからこそ、今後の仕事に役立つのではないでしょうか。

建築士は図面を描くのが仕事で、私達は図面に応じた施工をするのが仕事である。などと言っている時代はもう過去の話です。今、私達がすべき仕事は、もっと広い視野で観察し、他より先に見つけ出し、御客様に満足していただく答えを出す事だと思います。
図面を描くと言う事は、私達の業界では、営業能力・交渉能力・信頼性・将来性・自己表現など、いろいろな面においても自分自身のスキルアップになるはずです。必要となった時に始めるのでなく、必要となった時には実行できなければ、今の厳しい時代には、取り残されてしまいます。
今の我々の業界においては、求められた事をする"実行力"だけでなく、自分が無いものを作り上げていく"行動力"が必要となっているのではないでしょうか。

御客様(施主・元請業者)に、建築士の描いた図面ではなく、施工業者の描く図面であるからこそ価値があるのだと、解らせたいではないですか。
他の選手の作品を見て今後の仕事の上に役立たせるいい機会として、図面を描いた事が無い方こそ、この競技大会に参加する価値があるのではないのでしょうか。
この厳しい時代を乗り越えていく手段のひとつとして、競技大会に参加して、自分の視野を広げ、自分を磨き、新しい自分を創りましょう。

原文:全板連青年部副部長(当時) 尾崎昌行(04-09掲載)

△ページのTOPへ


◇◇◇ZICを通じた競技大会の取り組みについて◇◇◇

ともすれば「取付屋」とさえ酷評される昨今の我が業界にあって、青年部の若いエナジーで取り組む物とは何でしょうか。時には、あすなろ研究会でモチベーション向上を目指したり、あるいは、地元の業務に直結する責任施工保証であったりします。

さて、競技大会での製作はどうでしょうか?課題の練習作品が役立つわけでもなく、仕事が終わってからとか、休日を割いたりしてまで取り組む価値があるのか?そういった声をよく聞きます。また、普段の仕事ではめっきり減ったハンダ付けの作業を、わざわざ炭火を熾して行う必要があるのか、細かな作業工程も日常にフィードバックしないではないか?確かにそうです。
では、これらの作業は、もう、我々の業界に必要は無いのでしょうか?これに対する答えは、皆さんがお持ちのはずです。そうです、「ノー」です。

私たちが取り組んでいる競技大会の方向性は、基本を守る、という事です。ですから、治具を禁止し、ごくありきたりの道具のみで参加していただきます。ある方向では、治具を工夫し、効率よく製品を生産するのがビジネスだという見解もあります。利益を上げなければならない企業人として、当然の思考です。しかしながら、そのとき、作業に対する基本がわかっていなかったとしたらどうでしょうか。なぜ不良品が出るのか?効率を上げるポイントは?精度を上げる要は?実はいずれも解答は競技大会の中にあります。しかも、自らが体で習得できる状態にあります。ハンダ付け一つとっても、コテの焼き具合や、どうやってハンダがなじんで銅板に溶着するのか、その結果仕上がりはどうなるのか、など、基本として身につけておくべきことはたくさんあります。普段必要ない技術だ、という意見もあります。いいえ。普段しないのであれば、なおさら取り組むいい機会ではないでしょうか?

我々は、たった一枚の銅板を加工して様々な作品を作る事が出来るのです。これは、他の業界には絶対にまねの出来ない、私たちだけの誇りなのです。その誇りを守る事が出来るのもやはり、我々しかいません。私どもの競技大会は、決して生産効率を競うのではありません。自分の腕を磨き遺憾なく発揮し、先人たちの膨大なノウハウを受け継ぎ伝える、という、ある意味業界にとって欠く事の出来ない位置づけであるのです。

つまり、競技大会とは、我が業界の最高の技能を競い合い、磨きあう、すばらしい場所であるのです。かといって、腕に自信がない、と躊躇する必要は全くありません。前述したように、仲間同士が"競い合い""磨き合う"機会なのです。果敢に挑戦する事も、決して無駄ではありません。むしろ、そうすることによって、自分のスキルが向上し、自信がつき、経験は財産となり実を結ぶ事でしょう。私たち青年部員は、くまなく競技大会に参加する権利があり、かつ、技能の継承を行う義務があります。それらが、業界の原動力であり、若いエナジーではないでしょうか。

ところで、今、競技大会は、富士教育訓練センターという会場で、設営・運営・採点のすべてにわたって、役員のみならず、各ブロックからの設営スタッフの協力を得て、まさに手作りの大会を呈しています。実は、舞台裏は、想像以上に重労働なのです。大会前日から会場入りして、設営スタッフ共々力の限り動きます。選手の皆さんを迎えるために、一生懸命準備をします。そうして出来た舞台に望んでいただく参加選手たちもまた、その舞台の一員であるとさえいえます。我々が、我々の手で、我々の過去と未来のために開催している大会。あるいは、青年部という組織の強化の一端を担って取り組んでいる事業。参加選手も、設営スタッフも、実に夢のある、やりがいのある役割だとは思いませんか。どちらも、自分にとって、青年部にとって、共に貴重な財産になる事は間違いのないところです。

筆者自らが体験したからこそ、皆さんにお伝えしたいのです。身につけた基本は年月を経ても忘れませんし、貴重な経験は血となり骨となります。何十年も仕事をしていく中で、ほんのわずかの日数です。この「与えられたカリキュラムをこなす」という行為も実は、"業務の計画的実行能力"という側面での実用性につながっているといえます。
この厳しい時代に応えていくためには、業界単位でしなければいけない事と同時に、個々で取り組むべき姿勢があると思います。攻撃は最大の防御である、との言葉にあるように、果敢に挑戦し、大いに前進していこうではありませんか。競技大会をそのための切り口の一つとして、青年部ならではの取り組みをしていこうではないですか。

原文:全板連青年部監事(当時) 小田由紀文(04-09掲載)

△ページのTOPへ


ホームへ 板金組合(非公式版) 掲示板 管理人について お問い合せ
とり三重@管理人:E-mail info@torimie.net
Copyright(C) 2000 EgaoPlaza All Rights Reserved.