ホームへ 板金組合(非公式版) 掲示板 掲示板過去ログ 管理人について お問い合せ

非公式版トップへ|次へ次の項へ|

1.建築板金とは?

一体「建築板金」って何
建築板金

 インターネットを使って(少なくとも今これを見ている人は)、「建築板金」を検索すると、われわれの業界について、ある程度知ることが出来ます。「板金組合」や、「各事業所」などがヒットするでしょう。そこには、コンテンツとして、「建築板金とは何ぞや」の一文があると思う。「一般建築物の内外装工事」といったところだろうか。

 じゃあ、「一般内外装」って何だ?あなたの家やオフィスの外側はなんですか?コンクリート、トタン、タイル、木の板、等など有るでしょうね。それが、「外装」です。「外壁」と言わないのがミソ。単に表面的に仕上げるだけじゃない、建物全体としての機能やバランスを重視し、建築物の付加価値を高める、というのが「外装」って事。さらに進んでいくと、太陽光発電や、雨水の利用といった、地球環境に関することまでが、われわれの範疇になります。しかも、工事の設計や骨組みの段階から、提案などをしていけるように、常に講習会や研修会があり、建築現場では、先端にいることのできる職種なんですよ。

 他にも、金属製の屋根、平板瓦(コロニアル、カラベスト)、雨とい、ステンレス貼り、神社仏閣に良く使う銅板での加工、空調や換気のダクト工事、などなど、建物に関しては、ほぼ全域にわたっているんです。

 場合によっては、下地工事にも参加していきますから、ひとつの建物のうち、関わらない部分というのはほとんど無いぐらいですね。時には、設計段階からも関わる。つまりそれほど裾野が大きくて、知れば知るほど奥の深い業界って事なんです。だから、かえって、一般の方々にはどんな業界なのか、つかみにくいのかもしれません。仕事の内容も多岐にわたり、「板金」ならこの作業、という単純なものではないのですよ。このことが、社会に対しての業界のアピールが徹底しない要因だと思います。

「建築板金」というカテゴリーは、どうやら、漢字4文字で示す範囲では狭いのかもしれないです。リフォーム分野への進出も含めて、今後は、きめ細かいPRが欠かせないのです。ただ、基本はあくまで「建築板金」にあり!と私は思います。どんなに裾野を広げても、やはり、基幹はしっかり据えていないといけない。根本がぐらついていたら、枝葉は広げられないですからね。そこのところをよく把握しておいて、このあとのページへと、つながります。


非公式版トップへ|次へ次の項へ|この先頭へ  


ホームへ 板金組合(非公式版) 掲示板 掲示板過去ログ 管理人について お問い合せ
とり三重@管理人:E-mail info@torimie.net
Copyright(C) 2000 EgaoPlaza All Rights Reserved.